storyeff

RYMAN STORE は、2017年に東京六本木にて当時、弊社が代理店となっていたベースボールキャップブランドのヘッドショップとしてオープン。地理的、時代的につながりのある古きアメリカのヴィンテージアイテムと共に展開。2018年末、ベースボールキャップブランドとの代理店契約終了後に六本木ストアを閉店。

1950年代以前にアメリカで作られていたスポーツグッズの忠実な復刻を目指し、素材、製法の研究、製造する工場探しを開始。ベースボールキャップとカットソーの開発を行い、2020年1月にOEM製造をスタートします。同時に、RYMAN STOREを RYMAN MENS SHOPとして、ONLINE STOREを再開。すでに生産の終わっているデッドストックのエベッツフィールドのアメリカ製コットンキャップやヴィンテージウェア、アンティークグッズの販売のほか、OEMやデザイン業務の窓口としてもご利用いただけます。

PRODUCTION

productonleft

production right

古き良きアメリカとしてイメージする1950年以前のアメリカで生産されていたベースボールキャップとTシャツやスゥエットアイテムを本格的に復刻するプロジェクトを発足し、ヴィンテージアイテムを使った素材、パターン、製法の研究からスタート。その後、生産工場を探し、工場と一緒に試行錯誤しながらサンプルの制作に3年以上の歳月をかけ、日本において全ての生産工程を行うこととなりました。こだわり抜いた1品をご提供してまいります。

DESIGN

DESIGN

アメリカブランドやヨーロッパブランドが日本にて展示やポップアップストアなどのイベントを行う際のインビテーションやEC用バナー、HPのデザイン設計まで幅広くデザイン制作を行ってまいりました。卸売、小売を母体とする企業によるグラフィックサービスは、物を売るという視点をしっかり持ってデザイン制作を行いますので、高い集客効果を期待いただけます。HPの制作は、全世界を視野に入れた場合の標準機能を備えたSHOPIFYもしくはWORDPRESSを使って行います。デザインだけでなく、サイト構築も含めて行いますので、他社よりもお安くご案内することが可能です。

SHOWROOM SPACE

DSC_1654

2020年に日本のものづくり再生プロジェクトを開始します。第一弾として、日本各地でものづくりを精力的におこなっている企業とユーザーやブランドとの出会いの場として利用いただけるスペースの開設を計画しています。東京都現代美術館やブルーボトルコーヒーなどがある今注目のエリア清澄白河駅から徒歩1分の好立地に位置する住宅街にある70平米、天井4メートル以上ある元工務店の作業スペースの改築して、東京において大変珍しい開放的な空間の開設を目指しています。2月よりクラウドファンディングを通じて資金の調達を開始予定です。(写真はショールームイメージサンプルとなります。)
こちらのプロジェクトにご興味のある方は、SHOWROOM@PIXCELISM.COMまでご連絡お願い致します。

HTANK YOU FOR YOUR SUPPORT